家族には借金のことを知られたくありませんでした

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って借金を処分する予定でしたが、その時点でかなりの債務額になっていたため弁護士と相談して個人再生を行いました。
車は引き上げられてしまいましたが、家が処分の対象とならなかったのは幸運でした。
毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に対して借金のうしろめたさを感じず済むようになったので、債務整理をして良かったです。
決済日に返済できないでいると、翌営業日には債権者からの連絡があるでしょう。
支払う予定日を伝えると、案外すんなりと期日まで待ってくれます。
ただ、期日を過ぎても入金がないとまた催促の連絡がきて、やがて訴訟に発展する可能性もあります。
どうあがいても返済が不可能なときは、弁護士等に債務整理を依頼すれば、返済猶予の期間ができますし、取立てもなくなります。
債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。
けれども過払いの部分が債務を上回るときは、すでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、返金請求できず、借金が帳消しになるだけです。
ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと判明しているのであればこうした特定調停はやらずに、過払い金請求を行うほうが実益があると言えます。
5年ほど前の話になりますが、いくつかの即日プロミスのカードローンを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。
当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。
当時は不況で、新たな職場も見つけられず、貯金がなくなってしまい、即日プロミスのカードローンを利用しました。
ややあって、就職はできたのですが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、弁護士に依頼して債務整理をしました。
今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。
使いこなせば役に立つクレジットカードですが、高額の買い物が増えると借金地獄に陥る可能性があります。
この時に検討して頂きたいのが債務整理で、借金の元本やその利息を減額し、返済が可能な範囲に収めて支払っていくことができます。
しかし、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、カードで購入したものを会社が引き上げるケースがあります。
私は借金をしたことで差し押さえのされそうになったので財務整理を決意しました。
債務整理をした場合は借金が大幅に減りますし、差し押さえを免れられるからです。
近所の弁護士事務所で相談してみました。
親切になって悩み事を聞いてくれました。
債務整理をするのなら忘れないでいてほしいのは、残った債務を無事に完済し終えても、一定期間、審査が必要な金融機関のサービスが受けられなくなるでしょう。
債務整理をするとブラックリストに名前が載ってしまいますから、5年から10年はクレジットカードの利用や、大手の金融機関から融資を受けたり、ローンを組むなどの行為ができなくなります。
債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。
過払い金とは、違法な金利で支払わされた利息のことです。
平成20年に法が変わる前は、貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、利用者は法定外の利息を払わされていたことになります。
これが過払い金と呼ばれるものです。
発生していた過払い金を返還してもらえば、借金の返済資金に使うことができます。