基礎のチェックは「シンプル」で「大事なこと」

私がダイエットを志すきかっけになったのは【将来が不安】からなったものです、将来が不安だけだとざっくりしすぎていて「それだけ?」と思ったり「そんな気持ちだけでダイエットができるの?」となりますが実際に合った経験でなった出来事でいろんな思いになりながらネットや本の知識でどんどんと不安は積み重なり最終的に至った私のきっかけとなりました。

最初のきっかけは【腰痛】でした、ある仕事途中で腰痛に泣きたい気持ちで自宅にこもっていましたスマホ片手に腰痛の対処方法を調べていました体操やなった直後の療法や冷えたシート等いろんな情報調べていました(今思うとまちがっていたり適切じゃない行為も行っていましたので正しい情報わからない状態になっていました)幸いのほか1,2日で治り整形外科に行ってその後は痛み耐えつつ仕事に復帰しました。

第2のきっかけは【勉強】でした、腰痛が痛む過程で腰痛は生活習慣病によるものと知りました医者から『なるべく体操をしたほうが良いと』本やネットで腰痛に関する知識を集めましたその関連で生活習慣病について知り、「腰痛は自分の体がやばいサインなのでは!」とある種の強迫観念に襲われていましたふつうならここまで発想には至りませんが腰痛直後もあって自分はすぐに自分の体を健康にしようと思い至りました。

私がまず最初行ったダイエットが生活基盤の改善を目指しました、朝は6,7時起床を必ず朝はパンかヨーグルトなければバナナを朝、昼、夜必ず取るようにいたしました交通は乗り物を極力使わず徒歩にしたり、ご飯も1割ずつ減らせるようにしました具体的には料理に使っていた食材一つずつ減らして必要最低限の材料で、お風呂は一定時間15分以上は必ず湯船に入ることで血行を良くしていました夜は必ず11時以降は寝るようにしていました、こどものころをイメージして規則正しくすることをイメージしました。

体操を考えることを始めました、最初は走りこむことをしていましたが時間がかかりあまり強い効果はなくて私は断念しました、体操では腰痛から聞く体操を2.3個選び10回をワンセットにした体操でこれを朝または昼、夜に行うようにして1,2週間で10回増やすようにしていきました、最初のタウも腕立て伏せ等のメジャーな運動でしたがインナーマッスルを調べてさらにそれに慣れてくると筋肉トレーニングを始めていました。

それを1,2か月繰り返すと体が変調が起こり体重が12キロぐらい落ちていましたその当時は驚いていたと思います、なぜなら自分は本当に些細な数を減らしただけに過ぎなかったのですそれこそ本や知識から1週間で変えるのではなくそれこそ1か月かけて変えたようにしてもので、だからこそ実感もしています「生活チェックすることはダイエットをチェックするのと一緒と』少し生活変えることはダイエットも行っているのだともちろんそれがむつかしい人もいると知っているがやっぱり【シンプルに大事な事だ知りました】10秒変えるだけでダイエットを変えることは可能と思っております。
オルチャニストの口コミと効果|初回限定500円&送料無料のお得情報!